お盆

我が家の仏壇には ダンナさんの両親と私の両親が入っている


お盆は亡くなった人が 家に帰ってくるとはいうけれど

私の両親はここで暮らした訳ではないので

故郷のお墓に行ったときの方が 身近に感じる

子供二人に親が四人という時代になったから

どこに帰ったらいいものやら

って悩む人たちもいるかもしれない 



近くに住む親戚のおじは 昨年夏 おばが亡くなったので

一人暮らしをしていたが 

この春 病が見つかり手術をして 

その後も治療を継続中で 入退院を繰り返している

一人娘のMちゃんは大阪にお嫁に行ったのだけれど

お父さんが心配で毎月帰ってきている

そこで 一緒に夜のスカイツリーに行って

暑気払いをした



_MG_5539.jpg


IMG_5542.jpg


IMG_5551.jpg


人間の寿命が短いのか長いのかはわからない

いい加減長すぎる って 思わなくもないけど

そんなこと言っている私のような人間に限って

その時が来たらジタバタするのかもしれないけど・・



私の母は50才で急に亡くなったので

その時は とてもとてもショックで・・・


今はしみじみ懐かしい

一緒に旅行に行ったことも無かった

亡くなったあとに

使っていない旅行バックがいくつもあった

決して高いものではなかったけれど

何を思って買っていたのだろう




もうちょっと長生きしてくれていたら

一緒に旅行にも行けたのにね



どこに帰ってくるのか ということより

生きている者が思い出してくれたところに

帰ってきてくれる ということなのね







ブログランキングに参加しています
もこちゃんに応援のクリックお願いします↓↓

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お盆

ママさんの言っている意味が凄く解ります。

親孝行したい時に親は無し。
いつまでも有ると思うな親と金。
親の意見と冷酒は後できく。
などなど、子供の頃に耳にタコが出来る程、
僕のオヤジに聞かされました。

オヤジも来年7回忌を迎えますが、未だにオヤジが
生きてれば曾孫を観れたなぁーとか、オヤジと酒を
飲みながら色々な事を語れたなぁーと思う時が有ります。

先日も家内の母の3回忌を行った際に、お坊さんが
供養とは?について話てくれました。

供養とは、生前の故人を思い出す事だと。
決して葬儀の時の悲しい事では無く、楽しかった事、
一緒に過ごした事を思い出す事が供養だと言っていました。

ママさんの最後の2行が全てを物語っていますね。

私もそう思います

>どこに帰ってくるのか ということより
>生きている者が思い出してくれたところに
>帰ってきてくれる ということなのね

私もず~~っとそう思って来ました。
少子化で、家族構成も昔とは変わってきているのです。
墓を見る子供の数が圧倒的に少ない。
墓だ、仏壇だと言っていられません。

思い出してくれる人が生き続ける限り、故人はその人の心の中にいるのだと思います。
楽しかった記憶と共に。

全ての人から忘れ去られた時が本当の「死」だと。

お盆ですからこういう話題もいいですね。

ユズパパさんへ

年に一度 大切な家族が帰って来る って 
不思議な習慣ですよね
お盆は無くなって欲しくない習慣ですね
だけど都会では迎え火送り火が
既に無いも同然なんですよ
迎え火の日も 風が強かったので
家の前で火を焚くことに多少抵抗がありました
まず 外で火を見ることなんて無いのです
迎え火も 故郷にいた頃は 
墓前で焚いていたような気がします
いろいろ変わってくるのですねv-42

ヨッシーさんへ

私は妹と二人だけなのですが
妹も長男に嫁いでしまい
結局 実家はたたんでしまいました
といっても商家でも豪農でもないので
一向にかまわないのですが
両親のお墓には 両親しか入っていません
世の中は超がつくスピードで変わっていますが
追いついていない私です
お盆とかお墓とか 変りようがないはずの
ところでこの先 大きく変わっていくのでしょうねv-298
プロフィール

moko0308

Author:moko0308
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード